BLOG

真っ直ぐに伸ばすパーマの種類の中に縮毛矯正があります。
ストレートパーマと縮毛矯正はどちらも髪の毛をまっすぐにするのは同じですが仕組みが違います。
もともとストレートパーマは、くせを伸ばす効果というより、パーマをかけた人がストレ-トに戻すためのパ-マでした。最近は技術が進化し、かなりの方がストレ-トパ-マで悩みを解消されてきていますがストレ-トパ-マの特徴として…

  • 髪が痛む(ダメージを受ける)
  • 縮毛矯正に比べてコストが安い
  • 縮毛矯正に比べて時間が短い
  • 持続期間が縮毛矯正に比べて短い
  • 好みの髪型にアレンジしやすい
  • 髪の毛のくせにより、向き不向きがある
  • 完全な直毛にならない場合もある

があります。

美容師より、必ず説明があると思います。僕もここはきちんと説明しています。

わかりやすく説明すると、ストレートパーマとは、パーマのストレート版で、薬剤を使用し、くせを伸ばす技術です。ウェーブパーマの経験者なら、おわかりになると思いますが、ある期間が過ぎると、自然とパーマが落ちてきます。
そして、全体的に、元のくせが、復活してきます。

美容師からの意見としては「モデルさんのようなストレ-トにしたいのでストレ-トパ-マお願いします」と言われたりしますが、実はどんなに技術があっても、縮れ毛やくせ毛を、パーマでストレートにするのは、難しい事なのです。
ストレートパーマという名前から、勘違いされる人も多いですがどんな髪の毛もストレ-トにできるパ-マではないのです。

それに対して縮毛矯正は、縮れた髪の毛を矯正する事です。特殊な液剤を使用し、髪の質を変化させ、さらに熱を加えて髪の毛を引き延ばしてきます。そんな縮毛矯正の特徴として…

  • 施術時間が長い
  • コストが高くなってしまう
  • 髪が傷む(ストレートパ-マよりもダメージがある)
  • ストレ-トパ-マに比べて、持続期間が長い  

があります。

ストレ-トパ-マと縮毛矯正、どちらもメリット/デメリットがあります。

縮毛矯正は、矯正した部分の髪の毛は、直毛になりますが、後から生えてくる髪の毛は、くせが出てきます。

人により特徴がありますので美容師と相談されてからしてみてくださいね!

 

HEADPURE 神田恭佑


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA