BLOG

1936年に誕生して以来、フランスの定番ドリンクとしてその地位を保っているオランジーナ。

元はシュウェップス・インターナショナル・リミテッド社の商品で、2012年にサントリーが日本で販売を始め、瞬く間に日本国内でも認知された飲み物。

世界初オランジーナは、仏南部マルセイユの見本市なんだとか。

スペイン・バレンシア出身の薬剤師トリーゴ博士の発明品から、仏領アルジェリア人レオン・ブトン氏が着想を得て、最初は「ナランジーナ(スペイン語で小さなオレンジ)」という名前だったが、その後「オランジーナ」になったそうです。

現在約60カ国で売られている同商品、日本と本場フランスのオランジ-ナを飲み比べてみた結果…

日本のは、ジュース自体の色が若干濃く香りが強い。そしてフランスに比べて甘いそうです。

フランスのは、香りの主張はそこまで無いものの、炭酸が強くジュース内にあるオレンジの粒は多いそうです。

日本はパッケージのイラスト通り、炭酸がまろやかで甘くかわいらしい味。

フランスは炭酸が強めでさっぱりとした味。その違いは、明確に分かるレベルなんだとか。

え–!そうなんだ! 

フランスは行ったことがないけれど、機会があったら飲み比べしてみたい。

神田


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA