BLOG

馬肉=馬の肉のこと。

馬肉は栄養価が高く、食べても太りにくい肉として、低アレルギー食品として認められている。特にフランスでは医者が病人に対して、馬肉の食事を勧めるほど実績と信頼を得ていると情報もあり。

カロリーは牛刺の1/3。脂肪が少なくてカルシウム、鉄分、グリコーゲンが豊富。高血圧の方には降圧効果があり鉄分が多く含まれ、貧血予防にもなり、疲れた体にピッタリのお肉。

そして、馬肉の特徴として、不飽和脂肪酸が含まれていることがあげられています。これは魚に多く含まれる脂質で、牛や豚などと比べてこの不飽和脂肪酸がバランスよく、また大量に含まれている事が馬肉の魅力だそうです。

牛や豚と比べて馬の体温は5~6度高くなっていて、その為に比較的寄生虫が寄り付きにくいと言われているのだそうです。しかし、馬にはサルコシスティス・フェアリーという寄生虫がいて、これは人には寄生しないのですが、免疫力が落ちている人が食べると、下痢や嘔吐などの症状が出ることがあるそうです。

体調のいい時に食べたほうがいいかもしれないですね。

東京でも美味しい馬肉を食べられるお店が増えてきて、馬肉大好きな僕には嬉しいです。

HEADPURE 神田


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA