BLOG

インフルエンザが、だんだん流行ってきているみたいです。

僕は、今までインフルエンザにかかったことがまだないのですが、先月は、喉~咳で治らず辛かった。(自己管理しっかりします!すみません)

インフルエンザの潜伏期間は1~2日といわれていて、発症する1日前から発症後5~7日頃まで周りの人にうつしてしまう可能性があり、特に発症してから最初の3日間ほどが最も感染力が高いと考えられるそうです。

風邪とインフルンザの症状は、咳、喉の痛み、発熱するなどは変わらなく、違うのは熱。

インフルエンザでは発熱するとすぐに38℃を越えてしまう…。目覚めたときより夕方の方が高くなっていき、朝から38℃以上の発熱があった場合は要注意!!

インフルエンザの場合たった1つのウイルスが24時間後には約100万個に増殖するんだとか…(驚)そのため、全身を使ってウイルスから体を守るため、インフルエンザに感染すると高熱が出るのだそうです。

インフルエンザA型・B型・C型とは?

<A型>
ウイルスが変化しやすく、感染力が高いので世界的に流行する。インフルエンザA型の症状は38℃以上の高熱、悪寒、関節・筋肉痛などが特徴。

<B型>
A型のような突然変異をおこさないため、世界的な大流行を起こすことはあまりない。

C型>
感染した場合も、風邪程度の症状。多くの人が免疫を持っているので大事にはならない。

だそうです。

今年はすでに沖縄のほうから、A型が流行ってきているようなので水分補給をし、自己管理もしっかりしようと思います。

HEADPURE 神田恭佑


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA