BLOG

メタ認知(メタにんち)とは認知を認知すること。 人間が自分自身を認識する場合において、自分の思考や行動そのものを対象として客観的に把握し認識すること。 それをおこなう能力をメタ認知能力という。

メタ認知とは、アメリカの心理学者john h. flavell(ジョン・H・フラベル)によって用いられた言葉で、1970年代に広まりはじめたそうです。

メタ認知とは自分をどれだけ知っているか…がとてもキ-です。

メタ認知能力が高いということは、自己の情動や思考の活動を客観的に捉えて評価し、制御する能力が高いということになります。自分のことを客観的に観察し、相手への気配り等ができるので、適度な距離感を保ちながら付き合っていくことができるのです。 ということは、メタ認知能力が高いということは、恋愛力も高いかも…ですね。

メタ認知能力を鍛えるためには、自分にできること、できないことを把握することが大切。
自分の能力に目を背けず、現状の能力の限界を知ることで、衝動的にならないよう次の行動に移る際の選択することができるようになるのです。

メタ認知とは、自分が自分について認識するためには必要不可欠な機能… メタ認知能力を鍛えて尊敬される自分を目指そう!と思います。

HEADPURE 神田恭佑


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA