BLOG

SNSの関係で、スマホで写メを撮る機会が増えました。 いい感じにとれるたくさんのアプリが話題になっていますが、写真写りの良い人と、映りの悪い人との大きな違いっていったい何だろう?

僕は本当に今まで写真を撮られて「これ!」というのが少ないのです。

カメラマンの方に写真写りのいい?悪い?を質問したことがあるのですが、撮る人と撮られる人との人間関係で、一番の原因は撮り方にあるっておっしゃってました。

「写りが悪い」ってのは、大きな声では言えないけど、その人の撮り方がただ下手なんですよ。って…。

撮るのが上手な人は、その人の欠点が出ないようなアングルを探して自ら動きを見つけ出し、その人が良く見えるポーズを取らせたり、お話しながらリラックスさせて撮るのだとか。それが撮影テクニック(センス)だと。あとは撮られ慣れてるかどうかもあるそうです。 今では日常にたくさん撮る機会があるので(自分撮りも今では当たり前なこと)せっかくなら良く映りたいので研究必須(笑)。

確かに、あ!これいいな!って思える写真の時は、撮る人が指示してくれているような…。(笑)

どんな場合もセンスって本当に大切!

HEADPURE 神田恭佑

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA