BLOG

サイレントキラーとは「静かな殺し屋」という意味で、なんらかの病気にかかっても症状が表れない(自覚できない)まま進行していき、最終的には致命的な合併症を引き起こしてしまう病気です。

こ、こ、こわすぎる

先日本屋で、サイレントキラーは、気づかないうちに忍び寄っているかもしれないんです。とはじまる本の見出しにくぎ付けでした。

なぜ サイレントキラーと呼ばれるのかというと、症状が無く 症状が出た時には、命に関わる危険な状態に陥っている事がおおい事から、サイレントキラーと呼ばれている。

忍び寄る恐怖の高血圧!高血圧は、命に関わる病気を引き起こすサイレントキラー。

高血圧は、血管に高い圧力がかかり、それによって血管に負担がかかる。そして心臓も高い圧力の血液を送る為に負担がかかる。のち脳梗塞・心筋梗塞・脳卒中・動脈瘤という命にかかわる病気の原因になるんだって。そのためまぎれもなく高血圧は、サイレントキラー(沈黙の殺人者)とも呼ばれています。

そして、糖尿病。これも自覚症状が出にくいため、気がついたときにはかなり危険な状態になっていることもあり、「静かなる殺し屋」の意味でサイレント・キラーと呼ばれることもあるそうです。

さらにすい臓ガン・卵巣ガン。すい臓ガンと卵巣ガンもまぎれもなく、サイレント・キラー、何故かはどちらも、自覚症状が少なく検診でも見つかりにくい理由であるからです。

そして、痛みがほとんどないために甘く見られがちな歯周病も別名サイレントキラー(静かな殺し屋)とも呼ばれる病気なんだって。自覚症状のある方は少ないため気付いた時にはすでに手遅れになってしまっていることが多いのも特徴で、近年では心臓病や糖尿病などの全身疾患とも深い関連があると言われています。

さらに現代人をねらうサイレントキラー「高脂血症」。痛くもかゆくもなく、ひっそりと私たちの体の中で進行し、ある日突然心筋梗塞などを引き起こす動脈硬化。高脂血症は、その動脈硬化の最大の危険因子です。って…。

サイレントキラーと呼ばれる病気は、いろいろあります。しらない間に忍び寄り、命をけずっているかもしれません。

病気によって違いますが、サイレントキラーに命を奪われない為にも、健康管理が本当に重要。健康診断をして、規則正しい生活をする事で、サイレントキラーから命を守る事もできるので日々の健康管理で、自らサイレントキラーから自分を守ろうと思います。

皆様も是非是非気を付けてください。

HEADPURE 神田恭佑

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA